FC2ブログ
プロフィール

みやびつづる

Author:みやびつづる
エロマンガ家
現在主にワニマガジン社の『快楽天』にて活動中

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

日記 -Blog type-
エロ絵描き みやびつづる のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜朝の子供アニメ
081027.jpg
↑日曜日の朝のお母さん3人。(バトル系アニメ限定)
職業は左から
タクシードライバー
プログラマー
専業主婦(チラとしか見てないので確定ではない)

アニメの主人公のお母さんの有職率は、現実でのそれと比例しているのかも。
昔のアニメと比較すれば女性の社会進出具合が見て取れたりしないだろうか。
特に子供の視聴者が多い時間帯のアニメとかで調べると社会学的な資料になったり、しないか。


テレビで「Around40(アラフォー)」という言葉を聴くと
「母子相姦適齢期ってことか?」
などと思ってしまう俺は脳がいい感じに壊れてると思う。

母親が40歳前後だと…子供はだいたい10歳~14歳くらいが平均じゃね?

いちばんエロい時期じゃないか。

やはり中高生の童貞息子ってのがイイと思うんだ…。


先日日記で「マクロスFの三角関係決着させてほしーなー」みたいなことを書いておいてなんだが、その数日後『セラフィック・フェザー(10)(11)』(うたたねひろゆき神)を買って来て最後まで読んで「んん?三角関係決着したけどなんかなぁ…」と思ったんですよ、という話。

『セラフィック・フェザー』の主役級3人の三角関係(?)は決着し、それぞれ皆幸せな結末を迎えるんだけど…どうもこの…モヤモヤするというか…。原因はわかっている。俺の器が小さいんだ。自身の恋愛観に基づくその辺のフトコロというか、寛容さというかそういうものが俺には足りていないんだ。

心狭いなぁ俺…。

まぁそのほうがギトギトのエロを描くにはいいと思って、今までそれを良しとして来たわけですけども…。


アニメの『かんなぎ』がなんか好き。


DS『ケツイDS』
DS『悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印』
購入。

DS『ケツイDS』
わかってはいたがDSで弾幕はしんどい。
何回かプレイしてベリーハードまでは出したがやはりキツイ。DS(Lite)の十字キーは斜めに押しにくいんだよなぁ…。キチッと十字ではなく、サターンパッドみたく丸いのだったらもう少しやりやすそうなんだが…。「ファミコイン」的な製品もDSの折りたたみ式という構造上、無理っぽいし…。

ただまあ、短時間でさくっと遊べるお手軽感と、俺みたいな非上級者でもラスボス『エヴァッカニア ドゥーム』(今までは他人のプレイ(動画)でしか見られなかった)と相対できるのは嬉しい。

DS『悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印』
ちょっとだけやった感想。
主人公女の髪をかきあげるしぐさがいい。
その時の主人公女の背中のラインがいい。

まだシステムがいまいちよくわからないが、まあつまらない、ということは無いだろう。

スポンサーサイト
[PR]

LOUD PARK 08 二日目
初日(特に終盤)はスリップノット目当てのお客が多かったせいか、全体的に客層が若くて格好もコスプレ寄りのが多かったけど、二日目の大トリはMÖTLEY CRÜE(モトリー・クルー)。当然客層もそれっぽい感じに…ソバージュおばさんと普段は普通のサラリーマンなんでしょ的オジサマが増えた感じ。

二日目は昼ぐらいにさいたまスーパーアリーナに到着。BLACK TIDE(ブラック・タイド)から聴き始めた。場所はスクリーン正面のスタンド。アリーナに降りる元気はない。位置的にいい席に座れたのでまったりと観覧。途中に飯を食べにちょっと抜けたりする。

↓フェス飯(ビーフストロガノフ丼600円&ビール600円)
081021.jpg

あからさまにボラれてる(持ち込み禁止だしさ)けど、フェス飯なんてどこもこんなもんだろうと納得…ていうかこういうチャチいのがそれっぽくて良いような気もする。通路のすみっこにしゃがみ込んでかっこむ。隣では若い兄ちゃんが寝てたりなんかしてなんかシュールな絵面だ。せっかくなのでフェスの味(?)を堪能しとこうということでケバブを食べたりもした。

二日目で期待してたMACHINE HEAD(マシーン・ヘッド)が始まる。期待を上回るノリの良さ。メタルフェス、ってカンジ~。あ~アリーナの客が~綺麗なサークルピット作ってる~回ってるよ~速ぇ~痛そう~。
この後のBULLET FOR MY VALENTINE(ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン)もまぁなかなか良かった。見てたら昔のBUCK-TICKを思い出した。なんかVoの感じが似てる。

BUCKCHERRY(バックチェリー)のあたりで知り合い(今回チケットを取ってくれた人)と合流。外の空気を吸いに会場を出て、コンビニで酒を買ってさいたまスーパーアリーナを外から眺めながら呑む。

みやび「○○に血が混じってたんですよ!」

知人の人「それはセックスしてねえからだよ。」

みやび「なんスかそりゃあ!」

みたいな会話。

その後会場に戻り、最後のモトリー・クルーはアリーナで見ようかということに。
さらに別の人ふたり(漫画家含む)と合流し4人に。

わー、モトリー・クルーだ~。俺がイメージするヤンキーロックを具現化した人たちだ~。(俺のイメージ=金髪の白人オッサンが金切り声を張り上げる)
なんというか…このステージは…シブいな。元気に暴れるというよりも、ステージ上と観客のやりとりを楽しむ感じ?押し合ったりダイブしたりするのとは違う、なんかこう…皆で拳を振り上げるかんじ。ステージング上手いねえ。かっこいい。フェスの余韻を楽しみながらも、終わるのを惜しむような良いステージでした。

これでLOUD PARK 08は終了~。
メタルフェス初体験の俺が来年も来たいと思うような貴重な体験でした。
誘ってくれた方どうもありがとう。

その後4人で近くの居酒屋にてまったり。
俺以外のお3方はメタルというか洋楽というか音楽関係全般に通じている方々で、ミーハーな俺からするといろいろ感心する話が聞けましたですよ。

んで帰宅。
会場で買った物販を眺めてニヤニヤ。
二日間のフェスを共にしたチケットのバンドは、俺の初フェス参加の証としてできれば奇麗にとっておきたい。ということで切ったりせずに頑張って手から抜いて見えるとこに飾っておこう。

いやー新鮮な体験ができた。行って良かったよ。

マシーン・ヘッドとカーカス、スリップノットのCDは今度買ってみようかなー。

LOUD PARK 08
081018_1.jpg
今日は鋼鉄紳士淑女の社交会の日ですよ。

というわけで今日は さいたまスーパーアリーナで催される『LOUD PARK 08』(一日目)に行って来ました。
(興味のある人はLOUD PARK 08公式サイトで今日のフェスの写真が見られるので雰囲気だけでもどうぞ)

LOUD PARKといえば日本有数のヘヴィメタル・フェスティバルで、日本中から荒くれ者達が集まり「ブロージッ!」とか言いながら羊の血で乾杯してお互いのタトゥーを自慢し合ううちに喧嘩になり、片方がホッケーマスクにチェーンソー、もう片方がベースボールシャツに釘バットで観客を殴かわいがって鉄の鎖で逆さ十字にくくりつけた数を競うお祭りです嘘です。

おおざっぱに言うと海外バンドを日本に呼んで催すヘヴィメタルの総合的なフェスティバルです。

10:00開場、11:00から最初のバンドがスタートで、最後のバンドのが始まるのが20:45…12時間メタル漬けですよ。天国なのか地獄なのか。それに俺は300人~500人くらい(いってもなんとか産業会館とか、なんとかプラザとかそのくらいのレベル。田舎育ちなモンで…)のライブには行っても、アリーナ、ドームクラスのライブはほぼ初体験だし、不安。

とりあえず会場直後の人ごみをさけて午後になってからさいたまスーパーアリーナへ到着。そしたらAPOCALYPTICA(アポカリプティカ)見損ねちゃった。OBITUARY(オビチュアリー)かMESHUGGAH(メシュガー)のあたりに到着。
DRAGONFORCE(ドラゴンフォース)とSONATA ARCTICA(ソナタ・アークティカ)はアルバム何故か持ってるし、知ってる曲やってくれたから楽しかった。ドラゴンフォースはなんというかハロウィンやガンマ・レイ直系っていうか中学2年生のころの俺が好きだったかんじの曲調で、何故か昔のアニソンを思い出す。メロディラインがベタだからだろうか。表記するならばギュイイィイ~ン↑(語尾上げ)てカンジ。

実はCARCASS(カーカス)をちゃんと聴いたのは今回が初めて。このヒト等はアレか。そんなに死体が好きなのか。解剖!首つり!戦争だ!眼球だ!チ○コ!?嗚呼っなんか黄色い汁が出てルっ!とかそんな映像流しとった。曲のほうはドゴゴゴゴゴゴ…ボエエエエェ~としか俺には表記できない。でも自然と体が揺れるから音楽としてはいい感じ。大音量だけど不快にはならないのだから不思議だ。あと、俺が知らないだけで知名度も人気もあるっぽい。他のバンドと比べても客の盛り上がりが良かった、ような気がする。(単に俺がアリーナ近くで見てたからそう思っただけかもしれないけど…)

んで1日目最大の盛り上がりはやはりトリのSLIPKNOT(スリップノット)
トリだから舞台のセットにも手間かけられるし、時間も他と比べると多少は引っ張れるから演出もコってた。(電飾とか火の玉?とか)俺自身も事前にCD借りてちょっぴり予習もしてあるしノリノリですよぅ。何言ってるかはサッパリわかんないけど。(「ファッキン!」とかはわかる。)
スクリーミング・マッド・ジョージ デザインの毒々マスクをつけた怪人がたどたどしい日本語で「ツ・ギ・ノ・キョ・ク・ハぁ~○○○」とか言ってるのはご愛嬌。いやー、かっこいいなぁ。LIVEでスクリーンに出る映像がまんまPVみたいだったもん。映画みたい。曲も体が揺れるぜ~ヘドバンしそう~(←さすがに俺はやらない。アリーナにいればやるけど)な感じだし。とにかく太鼓(パーカッション?)のスダダダダ感が稲妻っぽくてカッコよかった。

というのが音楽方面の感想で、それ以外のできごとは…

・怒られるのが嫌なので会場に居るはずの某編集さんに会わない。
・会場内の通路はタコスとカレー(出店が出てる)の臭いがする。
・「水以外は持ち込み禁止」の会場内にビタミンウォーターを持ち込もうとして係員に止められ、その場で1リットル一気飲みする俺。
・途中で一回会場から出て外のコンビニいったら つのだひろ が居たのでその後ろに並ぶ。つのだひろ、コンビニのパンコーナー(すでに空っぽ状態)で「うわぁまいったなぁコリャ」って言ってた。
・帰りによった書店でエロ本を買った。

まーこんな感じ。

ちなみにこのLOUD PARK 08は二日開催で明日も行われる。
二日通しでチケットを買った俺には会場入り口でチケットと引き換えにゴム製?のバンドが渡され、これが二日間のチケット代わり。

このバンドは明日まではフロに入ろうがセッ○スしようがフィストフ○ックしようが外してはならず、一度外すともとには戻らない構造になっている、たぶん、ためしてないけど。そうしないとこのバンドを他人に譲渡して、一日目と二日目で違う人が入場できちゃうからそれを防いでいるんですな。いやぁ、アリーナクラスで2DAYSなんて滅多に来ないもんでこういうのも新鮮ですなぁ。

さて、今日は人ごみで汗かいたせいかちょっと頭痛がするぞ?
体調良ければ明日も行くつもり。明日はなんといってもMÖTLEY CRÜE(モトリー・クルー)が出るしな。MACHINE HEAD(マシーン・ヘッド)も聴いてみたい。

早めに寝よう。

などと言いつつ何故か今、俺の手には発売したばっかりのDS『カルドセプトDS』が…。


もう秋ですな
081011.jpg
↑以前に描いた絵を発掘。


先月からまあなんというか、混じってはいけないものに血が混じっていてアレな気分になっておりましたが、なんか自然治癒(?)した模様。

鉄分と亜鉛をサプリで摂っておくことにしよう…。


テレビやラジオは番組改編期。
ここ4、5年ラジオはTBSラジオ一択だった俺だけど、今期のTBSラジオの番組改編にはかなりガッカリ。

バツラジ終わらせてジャンク2をゼロにして時間繰り上げるとか…なに考えてるんだろう…。バツラジ続いてたら今話題のノーベル賞とか、世界的懸念の株価とかをエロ解りやすく伝えてくれただろうに。

『三宅裕司のヤングパラダイス』以来の深夜ラジオリスナーである俺に言わせれば深夜ラジオなんてのは「生放送感」(時間を共有しているというLIVE感)がウリなのに、火曜日の深夜的ゴールデンタイム(24:00~27:00)なんておぎやはぎも爆笑問題も録音放送とかもう、なにそれーてかんじ。それでなくとも火曜日の爆笑問題の番組は人妻枠とサザン賛美が鼻について最近は心が離れ気味だったのに…改編も相まってかなりガッカリだ。


アニメの最終回まで放映が終わったのをまとめて見たりなんかしてHDレコーダーに空きを作る作業中。

力抜いて見られる『夏目友人帳』が面白かったなー。

『マクロスF』は最終話がちょっと駆け足気味だった。
戦闘シーンと歌で盛り上げるスタイルはマクロス面目躍如ってかんじで素敵。
「ピンチになる→援軍到着→敵が本気になる→またピンチ→一発逆転」とかの流れはもうちょっとじっくり見たい気がした。結局フォッカー的兄貴は最後まで生きてたし、眼鏡ハンサムは生還しないし、主役三角関係も決着してないけど、この辺りは劇場版への含みを持たせた、ってことなのか…?できれば総集編的な編集映画よりは、テレビ版直後の世界を描いた映画になってほしい。三角関係がきちっと決着して完結、というのが望ましいなぁ。

さてまた今期開始のアニメの録画予約をしなければ…。

とりあえず
キャシャーン SINS
ロザリオとバンパイア Capu2
ヒャッコ
屍姫 赫
鉄のラインバレル
ケメコデラックス!
喰霊-零-
スキップ・ビート!
ONE OUTS
魍魎の匣
のだめカンタービレ 巴里編
の各第1話を観てみた。
これでも今期アニメの半分いってねえか。数多いなー。
まーいつも最終的に見てるのは3~5本くらいになるんだけど。

『ONE OUTS』の渡久地のCVは萩原 聖人なんだな。
これはアレか。アカギ、カイジ、ONE OUTS、と、かけひき系アニメは萩原の独壇場か。そういう枠なのか。ならばいずれ『嘘食い』がアニメ化(←希望的な仮定)した場合もCV萩原だったりしてー。


東京ゲームショーかなんかやってるみたい。
友人のファミプロが取材に行ってるはず。
個人的にはPS3の実質値下げがちょっと嬉しいくらい。まぁそれでも買わないんだけども。同梱ソフト付きで実質値下げとかより、PS2互換の復活を希望したい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。